アンテナ工事業者の選び方

アンテナ工事は自身でやろうとすると、屋根から転落したり、機材が落下するなど危険がつきまといます。ここは経験が豊富なエキスパートに任せるのがおすすめできますので、信頼できる工事業者の選び方についてチェックしていきましょう。

対応のスピードで選ぶ

何等かの不具合によって自宅のアンテナを工事してもらいたい場合は、専門の工事業者に連絡を入れて工事してもらうのが一般的です。また、何等かの不具合だけではなく自宅のアンテナをそろそろ交換したい場合も、…

料金体系も要チェック

アンテナ工事を専門業者に任せる際は、できるだけトータルコストを把握しやすいところを選ぶことが肝心です。例えば、アンテナの購入費用や工賃、仲介手数料などの料金体系については、それぞれの業者の方針やコ…

アンテナ工事には電気工事士の資格が必要

tvrbdcxfcyiwg.info

lnwgumioklnak.info

ebgpsicfnodjf.info

lyglfpupldjsd.info

アフターサポートも大切

現場確認をすることが重要

アンテナ工事は専門職なので自分自身がある程度の知識がないとただ取り付けているようにしか見えません。取り付け直後は電波が快適でよいかもしれませんが、しばらくたつと急に悪くなるトラブルがあります。実は、ただアンテナを設置するだけではだめなケースがあり、家庭内の配線の設計から見直さなければならないときがあります。そのような対応が必要にもかかわらず、工事を怠った場合、トラブルが生じてもなかなか原因がつかめない状況になるのです。また、後から高額な家庭内配線の工事費を請求されてしまうことにまで発展するのです。 このようなトラブルを防止し、アフターサービスを受けるには、契約の際にアンテナ工事業者が現場で見積もりをしているかどうかときちんと説明を顧客にしているかが重要です。

工事の保証内容が重要です

アンテナの電波は様々な環境により悪化する影響を受けますよね。例えば、台風で強風を受けることでアンテナにダメージを与えて電波の受信がわるくなったり、周辺に高い建物が建てられて電波が不調になったりなどです。特に、高いところにアンテナが設置されていれば自分での対応ができなくなってしまいます。一定期間無料保証であったり、リーズナブルな価格で対応してくれたりといろいろなアフターサービスのプランがあります。業者の永続性も重要で、必要な時には廃業していたり、連絡が取れなくなってしまうケースもあります。さらには、新規工事を提案され高額な費用を請求される場合もあるのです。業者の口コミや打ち合わせで選定することがポイントです。

アンテナ工事の色々

テレビアンテナにはBS・CS放送用のものや、デザイン性に優れたものなど、色々な種類があります。加えて、設置方法についても屋根に固定する以外にも、屋根裏に設置するような方法も選択可能です。色々なアンテナ工事について、まとめてみました。

BS・CSアンテナの設置

BS放送とCS放送用のアンテナは、地上デジタル放送用のアンテナと比べると購入者が自分で取りつけるケースが多いといえます。というのは、屋根の上や家の壁面など危険が伴う場所に取りつけることがデフォルト…

屋内にアンテナを設置できるのか

結論からいうと、立地環境によっては屋外ではなく屋内にアンテナを設置する事は可能です。具体的にはまず地上波デジタル放送のアンテナについては、パネル式アンテナを含めて様々なタイプが市販されていますので…

スタイリッシュなアンテナに交換

自宅の外観を少しでも良くしたいと思った時、気になってくるのがアンテナですよね。一般的な住宅では八木式アンテナを設置しているケースが多いですが、この種のアンテナは見た目が良いとは言えません。強風によ…